スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花咲く野草

路傍に、畑の畦道に、公園に、野草花盛りの季節だ。どれもみな、個性的な
咲き方をしている。オニタビラコはひまわりのひ孫みたいだしノボロギクは野放図に。
可哀想な名前につい同情の目で見てしまうノボロギク。最後のアメリカフーロは
色も形も上品だと思う。が、根を張り過ぎることと、花後の形が今一で
人気あい半ばのようだ。ノヂシャは葉をサラダに利用できるとのこと。



6画像

そしてシャガの季節でもある。(う~ん、思ったようには撮れてないなぁ) 

シャガ

野草たち

公園いっぱい、ヘラオオバコがゆらゆら揺れている。

ヘラオオバコ

オッ・ト・ト・ト・・うっかり歩くとみんな踏んづけてしまう。
でも、踏まれても踏まれても、強いのが君たちなのかな。 

春の野草8

 クリックすると大きな画像になります。

ざぜん草を見に

 京都駅から一時間ほど湖西線に乗って、ざぜん草を見に行った。
ざぜん草は、湿地や谷川のほとりに群生するサトイモ科の植物だ。
2月から3月にかけて花をつけるとのことで、今ちょうど見頃らしい。
近江今津駅から歩くこと30分。雪の残る竹林の中にそれはあった。
比良山麓である。

比良山麓

僧侶が座禅を組んでいる姿に似ていると、この名前がついたらしい。
水芭蕉に雰囲気似ているかな?

燃えてる?

ホウキグサが今年も色つけ始めています。おかげで公園が華やかです。 

ホウキグサ

かたわらでススキは、素朴に。
 『私たちがススキと思っているのは大抵オギです』 と昨年教えられたのだけど、
専門家じゃなし、ススキと言うことにしておこうと思います。


ススキかオギか・・

野草たちも、可愛い花咲かせています。ユウガギク//ハキダメギク//イヌホウズキ
//イヌタデ 
( 野草の名前は難しい。微妙に違ってるかもしれないと思いながら )

野草

野のはな

 野草なんて可哀想なものだ。こんなに可愛い花をつけていても嫌がる人がいるらしい。
オレンジのマルバルコーソウ・・・はびこり過ぎで困っているとのニュースだった。
ここの土手でも、かなり広い範囲にひろがっている。そのうち刈り取られてしまうかも。
アゲハ蝶がまとわりついているアキノノゲシ。金平糖の愛称もあるミゾソバ
みんな、程々に咲きなさいね、と言っても無理な話だろうが。


★ 画像3枚 ----画像の端、どこかにマウスオンしてくださいませ。 

<
          
      <
                  
            <














♪♪音符がフルフル♪♪
  時間だよ~
  最新記事
  カテゴリ
  最新コメント
  プロフィール

yuunee

Author:yuunee
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大阪のおばちゃんです。
暇に任せて あちこち
うろついています。
どこかでお目にかかるかも
しれませんね。
 

  月別アーカイブ
  リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。