スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観察会

今月の自然観察会は、電車で一時間余の三田市・有馬富士公園にて。
日差しほどほどの秋の一日、先生のぼそぼそ解説をBGMほどに聞きながら、
のろのろついて回った。

有馬富士公園

柿、こぶし、ガマズミ、カマツカなどの赤い実が、紅葉に先だって森を彩り始めている。

柿

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

続きを読む

ウオーキング日和にて

"土手の彼岸花撮ってるの? " "いいえ、空です。"
今日は、否 今日空ばかり見上げて歩いてた。淀川のほとり。
ビル群に向かって歩くところは、大阪らしいと思ったりして、、、。

淀川の土手

・10枚画像入ってます。クリックして見て下さい。

<
<<
<
<
<
<
<
<
<
<

空港行きモノレールを利用して攝津駅で降りるとすぐスタートのウォーキングだった。
新幹線公園をチラと覗いて、鳥飼大橋で淀川を渡り、風わたる川沿いの土手をのんびり歩く。
淀川河川敷には、サッカーやラグビーをする高校生たちの喚声が響いている。そんな風景を
眺めながら、ふかふかの草の絨毯の上でお弁当をひろげた。併走の貨物列車を見送って、
長い赤川鉄橋を渡ると、ゴールの公園だ。
4時間ばかり歩いて、汗もかかない気温になった、秋分の日のこと。

平日のハイキング

本日は岸和田篇。岸和田は間もなくだんじり祭り一色になる。
すでに試験曳きが一度行われたそうで、街のそこここに祭りの雰囲気が漂っている。
 画像上でクリックしてくださいね。8枚です。クリックで写真の説明も変わります

<<岸和田城

 岸和田城は1334年、楠木正茂が一族の和田何某を派遣し築城させたとのこと。
現在の天守は昭和29年に再建したもので、平成19年からは結婚式場や資料館などにも活用され
岸和田のシンボルの役を果たしている。なお、岸城(きしぎ)神社は岸和田城の鎮守の神。
タコ地蔵は、岸和田城落城の危機に、大蛸に乗った地蔵菩薩の化身が現れて城を救ったと
いう伝説があり、これを本尊として祀ったのが始まりだそうな。

季節の花-水辺で

葉の形状からヒシだろうと思ったけれど、黄花のヒシと言うのはどこでもヒットしない。
悩んだ末、咲くやこの花館へ電話をかけて問い合わせた。係りの方は調べて下さって、
ルドウィギア・セディオイデスの名を教えてくれた。別名ミズヒメビシ。
その後、草津の"水の森"から根をもらったという植物園の記事も見つけた。

ルドウィギア

この花については『 浮き草の芸術品だ』との書き込みもある。
花と言う花は、大抵自然の芸術品のようにも思うけどね。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

続きを読む

・・・

雨上がりの午後、ツアー途中の姉と大阪駅ビルの屋上から市内を見下ろした。

土砂降りの雨が猛暑でほてっていた空気を冷ましていった (朝日新聞-天声人語)
・・・そんな日の午後のことだ。

大阪駅
♪♪音符がフルフル♪♪
  時間だよ~
  最新記事
  カテゴリ
  最新コメント
  プロフィール

yuunee

Author:yuunee
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大阪のおばちゃんです。
暇に任せて あちこち
うろついています。
どこかでお目にかかるかも
しれませんね。
 

  月別アーカイブ
  リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。